製品案内

先付機

  • ユーロール
  • イタリア

先付機の特長

がっしりした強度のある機械で金属・非鉄金属線の先付け用に設計されております。先付け作業は線の先端をその線径に合う溝に入れて機械の中まで押し込みます。 ロールにより先端を圧延したあと排出します。ユーロールのAMV先付機はEC規格に遵守して設計・製作されております。

AMV1

本機はスチールワイヤーおよび非鉄金属線の先付用に開発されたもので、強固な構造となっております。
先付能力は次のとおりです。

 

線の最大引張強さ
最大 900N/mm2

 

対応線径
最小 φ0.8mm~最大φ8.0mm

 

構造
・キャスター付き台車部
・先付ロール1対、合金鋼にて、焼入/調質/研磨仕上げ
・駆動部 1.5KW ACモーター、減速機付き


先付作業はワイヤーの先端を、線径に合ったロール溝に差込み、中に押し込むことにより先付を行います。 ワイヤーはロールにより圧延されると同時に外側へ押し出されます。 そのとき、次のロール溝へ挿入できる寸法まで細くするために、ワイヤーの外径を回しながら先付作業を行います。 本機はヨーロッパ規格(CE)に基づいて設計製作されております。

AMV2

本機はスチールワイヤーおよび非鉄金属線の先付用に開発されたもので、強固な構造となっております。先付能力は次のとおりです。

 

線の最大引張強さ
900N/mm2

 

対応線径
最小 φ3.0mm~最大φ16.0mm

 

構造
・固定フレーム
・先付ロール2組、合金鋼にて、焼入/調質/研磨仕上げ
・駆動部 5.5KW ACモーター、減速機付き
・グラインダー 0.55KW (オプション)
・シャー 1.15KW (オプション)

 

先付作業はワイヤーの先端を、線径に合ったロール溝に差込み、中に押し込むことにより先付を行います。 ワイヤーはロールにより圧延されると同時に外側へ押し出されます。 
この機種では、異なった外径線の先付を行うことになり、ワイヤーの外径を回しながら作業することはできません。 1台は水平、もう1台は垂直の2組の先付ロールにより、外径が異なるワイヤーに対応します。

 

2台のロールで交互に先付を行い、さらに細くして、次の溝に合う寸法まで減面することができます。
本機はヨーロッパ規格(CE)に基づいて設計製作されております。

ユーロールグループ